この日も仕事が終わってから自宅に帰り、性奴隷とセックスしまくりたいと妄想にふけりながら、ひとり缶ビールを飲んでいました。その時です。ふと中学校時代の同級生の事を思い出しました。そいつの名前は亮太といって、あの頃は不良グループに属していてちょっとヤンチャな男でした。亮太とは当時結構仲良くしていたんです。とはいっても僕は不良グループではありませんでした。どちらかというと2軍って感じです。それでも亮太とは意外に気が合って二人で遊ぶこともしばしばあったんです。

 

なぜ亮太の事をふと思い出したのかというと、亮太はクラスメートの中で性奴隷だと有名だった女の子と、中学生の分際でセックスをヤリまくっていたんです。今でこそ中学生で初体験を済ます人が多いと思うけど、当時は珍しかったんじゃないかな。その女は高校生の先輩とか大学生とか、大人の男と遊ぶことが多くてクラスの女の子の中でもかなりませていた方でした。そんな女の子と亮太は頻繁にセックスをしていたと聞いたことがあります。だから性奴隷とセックスしまくりたいという願望が芽生えてきて、亮太の事を思い出した野かもしれません。

 

中学生の時は亮太がセックスしまくっていると聞いても、うらやましいなと思う程度で自分もしたいなんて思っていませんでした。むしろ自分とは違う世界で行われてることだって思ってました。もちろん話を聞いて興奮はしていましたよ。他愛もない会話の途中に股間が膨らんだ時だってあります。でも不良グル―プに属していなかった僕はその女の子と実際にセックスするには至らなかったんです。でも大人になりセックスもご無沙汰となった今になって、あの時にやっておけばよかったと後悔しています。

 

もちろんその女の子と再会するのは難しいけど、中学生時代からセックスをしまくっていた亮太なら性奴隷になってくれる女の子を何人か知ってるんじゃないかと思い、久しぶりに亮太に連絡を取ってみることにしました。

 

俺が実際に性奴隷を見つけた神サイト
5大優良サイト登録無料