性奴隷とセックスしまくる手段に恋活サイトを利用した僕の方法

MENU
RSS

会ったその日にセックスをした僕は満足感に浸っていました。もうこれ以上の幸せはないと言わんばかりにいい気分に浸っていました。そんな時彼女の方から「ねえ、私のどうだった??満足できた??また会ってくれる??」と聞かれました。これはいけません。本来ならばこれは男である僕が言わないといけない言葉ですよね。僕はすかさず「めちゃくちゃ満足した」と答え「また会いたい、いや何度でも会いたい、君を性奴隷にしたい」と正直な気持ちを告げました。すると彼女はまたニヤッとはにかみ「ありがとう、嬉しい」と答えてくれました。

 

そんな初対面からすでに数か月が経とうとしています。今の僕はひとりで悶々としている時とは違います。あの初対面以来、セックスしたくなったら性奴隷となった彼女にすぐに連絡をして、好きな時に好きなだけセックスをしまくれるようになりました。彼女は僕の性奴隷という事もあり、仕事の時以外は僕がセックスをしたいというとすぐに駆けつけてくれます。それが友達と遊んでいようが会社の飲み会だろうが、何か用事があってもそれを断って僕の所にきて満足させてくれています。セックスしまくりたいと思っていたあの日が嘘のようです。

 

ちなみに正直にいうと、そろそろもう一人ぐらい性奴隷が欲しいなって贅沢な気持ちが芽生えてきました。でも彼女は本命の彼女じゃないので、他の女の子とセックスをしても怒らないと思います。だからまた、ハッピーメールとJメールとPCMAXの3サイトを駆使して新たなセフレを探そうとしているところです。正直最初は恋活サイトでセフレが出来るなんて思っていませんでした。そもそもが恋愛目的のサイトですからね。でもこんなにも簡単に性奴隷を作ることが出来たので、もう疑いの気持ちは一切ありません。僕はいま性奴隷をセックスをしまくるために恋活サイトを使っています。もしあの時の僕と同じように悶々としている人がいるとしたら、恋活サイトでセフレ探しをしてみるも賢い方法だと思いますよ。

 

俺が実際に性奴隷を見つけた神サイト
5大優良サイト登録無料