性奴隷とセックスしまくる手段に恋活サイトを利用した僕の方法

MENU
RSS

僕は久しぶりに中学校時代の同級生の亮太に連絡を取ってみる事にしました。中学を卒業してから一切会っていないわけではないんです。成人式の時の同窓会でも会っているし、たまたま実家に帰った時立ち寄った居酒屋でも偶然出くわしたんですが、まともに話をするのは卒業以来です。ですのでかれこれ8年ぶりになります。かなり時間は経っているけど、あの当時から女遊びが激しく性奴隷とセックスをしまくっていた亮太ですから、きっと今でも性奴隷になってくれるような女の子と知り合いなはずです。僕はどうしても性奴隷をセフレにしてセックスをしまくりたいので、亮太に頼んでみようと思ったんです。要するに都合がいい話ですがあやかろうとしていたという事です。

 

久しぶりに亮太に電話をかけてみると、亮太も「おお!久々やな!」ととても喜んでくれました。電話で性奴隷を紹介してくれとお願いしようかとも思ったんですが、8年ぶりに会話をするのにいきなりそんな事を言ったらさすがに失礼だと思い、僕は亮太を飲みに誘いだしました。

 

しかし亮太は現在長距離トラックの運転手をしているらしく、なかなか地元の方に帰って来ることがないそうです。トラック運転手は大変な仕事だと聞いたことがあります。毎日休みなく寝ずに運転しているわけでしょ??しかも長距離となれば中々帰ってこれないのは当然です。ですのですぐに飲みに行くことは無理だと断られてしまいました。しかし翌日、亮太から電話がかかってきて、たまたま実家の方に仕事で行く事が出来たから、その晩だったらよいと飲みに行くことを承諾してくれました。僕は嬉しくてガッツポーズをしてしまいました。もちろん亮太との再会に喜んだのもそうですけど、内心ではこれで性奴隷と知り合えると思ったのも確かです。

 

それから約1週間後、僕は亮太と飲みに行くことにしました。しかしあの亮太が立派に運転手をしているなんて想像できませんでした。休みなく働いている亮太に比べて、俺はいったい何をやってるんだろうとちょっと恥ずかしくなりました。せっかく信用金庫に入社できたのに、モテないから後悔しているなんて言っていた自分が恥ずかしいです。ワルやってた亮太が頑張ているんだから僕も頑張らないとと心を改めました。もちろんそれとセックスをしたいという気持ちは全く別物ですけどね。

 

俺が実際に性奴隷を見つけた神サイト
5大優良サイト登録無料