性奴隷とセックスしまくる手段に恋活サイトを利用した僕の方法

MENU
RSS

亮太との再会の日、僕は仕事を早く切り上げて待ち合わせした居酒屋に向かいました。すると亮太はすでに席についており、大分待たせてしまったのかすでに酔った感じでした。久しぶりに会った亮太は以前よりだいぶ老けていました。昔は結構イケメンなタイプだったんですよ。それがなんかおじさん臭くなっていて、とても同級生とは思えない老けブリでした。それほど長距離トラックの仕事が大変だという事でしょう。苦労が絶えないから老けてしまったのかもしれません。

 

それはさておき、僕は再会の挨拶を適当に終わらせ早速本題を持ちかけました。「亮太、もし良かったらなんだけどお前が抱えている性奴隷をひとり紹介してくれないか?」というと亮太は驚いた顔をしながら「藪から棒になんだよ!俺がそんなに性奴隷を抱えてるわけがないだろ」と答えました。正直そんな気はしていたんです。月日が経ってエライ老け様ですし、仕事も忙しいようですから女にウツツ抜かしている可能性は低いと一目見ただけで実は分かっていたんです。さらに聞いてみると彼女もいないようですし、昔のようにモテる亮太ではなくなってしまったようです。

 

落胆してその話を終わらせようとしたときに亮太がおもむろにこう言いました。「お前に紹介できるほど性奴隷を抱えているわけじゃないけど、俺が今のセフレを捕まえたきっかけのサイトなら教えてやっても良いぞ」と…。これには驚きました。もう女やセックスから縁遠くなってしまったと思っていた亮太でしたが、やはりセフレにする性奴隷を一人は抱えているそうです。しかもそのセフレとサイトで知り合った…。驚かないでいる方が不思議です。

 

正直僕は悩みました。もしかして怪しいサイトを紹介されるんじゃないかと思ったからです。もしくは裏社会の人が使うようなサイトなのかと。ですがここで断ったら何も始まりません。僕は怖いサイトじゃないのか、もう少し詳しく聞いてみることにしました。

 

俺が実際に性奴隷を見つけた神サイト
5大優良サイト登録無料